プログラミング123

定年近しプログラマーが作る 今のところは絵のないカルタです。

117.パスワード 覚えてないから 忘れてない

先日『 Go プログラミング実践入門』という書籍を紹介しました。

その中に記述されていますが、
Web アプリを作る際の基本機能として、ユーザ登録/認証があります。

MS-Excel を使って、
そのプロセスフロー概観図を書いてみます。

① Excel を起動して、空のブックを選んで表示させます。
 セルの表示が大きいと感じたら、ズームを選んで、75 % にすると良いです。
②挿入タブを押して、図形の中から円/楕円を選びます。
 正円に変形して、背景色を白に替えて、
 右クリックして、図形の書式設定を選んで、
 テキストボックスの垂直方向の配置を中心にします。
 図形を選択したままホームタブを押して、
 フォント名を MS-ゴシックに替えて、大きさを 9 ポイントにします。
 文字色を自動でなく黒色にします。以下、同様に表示属性を替えます。
③図形の中からフローチャートの磁気ディスクを選びます。
④図形の中からフローチャートの判断を選びます。
⑤図形の中からフローチャートの書類を選びます。
⑥図形の中から基本図形のドーナツ型を選びます。

これで、図形の種類がそろいました。

次に、
⑦円をコピーして、元の図形を含めて 10 個、用意します。
⑧書類をコピーして、元の図形を含めて 3 個、用意します。

その後、
⑧それぞれの円の中に起点、画面またはメニュー文字として、
 ユーザ、ログイン、ログアウト、ユーザ登録、
 PW 変更、PW 忘れ、メール非同期処理、PW 忘れログイン、
 初期画面(公開)、初期画面(個人)を書き入れます。
⑨書類の中にユーザ登録確認、PW 変更通知、PW 忘れログイン
 を書き入れます。
⑩判断の中にログイン中、を書き入れます。
⑪ドーナツ型の中にメール送信、を書き入れます。

準備が整いました。
⑫磁気ディスクをシートの中央に配置します。
⑬図形を上手く配置して、矢印で結びます。

ここでは
⑭ログインしていない時に行うこと、
 ログインしないとできないことを
 区別するのがコツになります。

最後に
⑮白に塗替えた図形を色分けすると見やすくなります。